どれくらいのリスクを許容できるかを決める

どれくらいのリスクを許容できるかを決める

お金を銀行に預けていれば、引き出さない限りにはその金額をキープできます。しかし、今は銀行の金利が非常に低いです。キープはできてもほとんど増やせません。増やさなくてもいいなら銀行に預けておいてもいいですが、増やす必要があるなら他の方法を考えなくてはいけなくなります。その時は銀行預金以外の資産運用を行います。銀行預金は元本保証と言って、預けたお金が減らない保証をしてくれます。しかし、資産運用では基本的には元本保証はありません。将来の変動幅が大きいほど利益が得られる可能性は高まりますが、逆に損になる可能性も高まります。この可能性の大きさがリスクになります。まずは自分がどれくらいのリスクを許容できるかを決める必要があります。

情報を収集して納得して行う必要がある

退職金などの大金を預金しようとすると、別室などに通されるかもしれません。銀行預金以外にも株式や投資信託、外貨預金などを利用した資産運用のアドバイスを受ける時もあります。プロが話をしますから納得できる話ばかりです。その通りと円預金をやめて投資信託や外貨預金にしてしまう人がいます。一応納得はしているものの、何となくその通りと感じているだけの状態です。これでは大きなお金が将来思わぬ事態になる可能性があります。資産運用をするときには、自分で情報を収集して納得をして行うようにします。その過程でプロのアドバイスを受けるのは良いですが、一からプロに任せるのは少し問題があります。すべてプロの言う取りになるとは限りません。

ガソリンの先物取引において、ガソリンは基本的に税抜価格で売買されますが、その金額は原油価格の動向によって左右されます。