会計の専門家としての魅力がある

会計の専門家としての魅力がある

会社であったり個人において、利益や収入の計算が必要になります。それらの元になるのが売り上げなどになりますが、売上から売上にかかる経費などを差し引いた残りが収入になります。何が売り上げになり何が経費になるのかは決まりがあるものの非常に分かりにくいです。会社の経理部などで処理をしますが、より細かい処理になると専門家でないとわからないときもあります。その時にアドバイスをしてくれる専門家が税理士になります。会計の専門家には公認会計士と税理士があります。公認会計士は監査などを主な業務を行いますが、税理士は税務が主な業務になります。会計士の監査は必ずしもすべての企業や個人で必要なわけではありませんが、税務はいろいろな企業や個人で必要とされます。

学歴があると受けやすいがなくても受けられる

国家資格には一定の受験資格が設けられています。その資格を満たさないと、なるための試験を受けられません。ですからなろうとするときはまず受験資格を満たす必要があります。税理士になるには、大学の卒業をするのが最も簡単な受験資格の取得法になるでしょう。経済系の単位を取っていれば資格が得られます。では中卒や高卒の人は受験ができないかですが、受験する方法があります。日商簿記と呼ばれる資格があり、その中の最高峰である1級を取得すると受験資格が得られます。日商簿記1級は、簿記の分野においては大学卒業レベルがあると認定している資格です。取得は非常に難しいものの、これを取得すれば税理士試験を受けられます。全経簿記の上級合格者も受験資格を得られます。

葛飾区やその周辺にお住まいの人は、葛飾区の税理士に税務相談をする事ができます。相談する前に問い合わせする方法も可能です。