メイクアップアーティストって?

メイクアップアーティストって?

メイクアップアーティストと言うと、一般的にはテレビや雑誌・映画などで、芸能人やモデルに似合う、素敵かつ最新のメイクを施す人というイメージです。またブライダルサロンやイベント、有名ブランドの化粧品カウンター等で一般の人に対してメイクを行う人たちのことも、メイクアップアーティストと呼ぶそうです。

メイクアップで魔法をかける

メイクをするとコンプレックスを上手に隠せたり、長所をより引き立てることができて、ちょっぴり自分に自信が持てた、という経験は女性なら誰しもあると思います。あるいはいつもと違うリップの色やチークの色にするだけで気分が変わって、すごく前向きになれたり・・。それこそが、メイクのもつ魔法。その魔法をプロの立場で提案し、より素敵に仕上げてくれる。メイクアップアーティストはプロの魔法使い、なんです。

魔法はこんな場所でも

そんな魔法を、高齢者向け介護施設などでも活用しているメイクアップアーティストの方が多くいらっしゃいます。高齢だからとメイクすることをやめてしまったり、躊躇しておられる方々にあえてメイクを提供することによって、元気づけたり、生き生きとした心を取り戻してもらう取り組みです。

メイクのセラピー効果

実際にメイクをした高齢者の反応には「人生のよかったシーンをなつかしく思い出し、元気になる」というセラピー効果が多く見られるそうです。久しぶりにきちんとお化粧をしたお顔を鏡で見て、すばらしい笑顔をなさる方が多いとのこと。今後もこういった施設でのメイクアップアーティストの方の活躍が期待されています。

メイクが世の中を救う?!

「メイクアップアーティスト」とひとことに言っても幅広い解釈と活躍の場があり、可能性を感じます。これから勉強し、目指す価値がある職業の一つだと感じました。

メイクアップアーティストとは、テレビタレントや役者、モデル等にメイクを施す技術者のことです。テレビや映画、舞台関係のほかに化粧品会社やブライダル業界で働くことが多いです。