そもそも相続税とは、どのような税金なのか?

そもそも相続税とは、どのような税金なのか?

財産を相続した人に課せられるのが相続税

相続税は相続が開始されたときに亡くなった人(被相続人)の財産を受け取る人にかかってきます。もし、親が亡くなり子供が親の財産を相続した場合、子供に相続税がかかります。また、夫が亡くなり奥さんが残され、その奥さんが相続した場合、奥さんに相続税がかかります。このように、誰かが亡くなり、その人が財産を残したときに、それを相続で引き継ぐ人に税金を払ってもらいましょう、というのが相続税なのです。

相続税には基礎控除もある

では、相続する場合すべてのケースにおいて相続税がかかるかというと、そうではありません。相続財産が一定額以下の場合は、相続税がかからないことになっています。これを基礎控除といいます。正確に言いますと【3,000万円+(600万円×法定相続人の数)】が基礎控除額です。法定相続人とは、法律の定める相続人のことで、配偶者や子供、場合によっては親などのことを言います。

課税対象者が大幅に増加

2015年1月1日からの相続大改正により、「相続税の納税者となった相続人数」と「相続税の課税対象となった相続件数」が大幅に増加しています。改正前は基礎控除額が【5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)】でしたが、改正での非課税枠の縮小により、これまで納税の必要が無かった人まで、課税対象者となってしまったのです。残された遺産をめぐって、トラブルを起こさないためにも、相続税はより多くの人にとって理解が必要なもの、身近なものとなっていると言えます。

相続税の税理士を神奈川県に住んでいる人が探すには、県内で探すか都内で探すかのどちらかが良いです。都内のほうが税理士事務所が沢山あります。都内で働いているのであれば会社帰りに事務所に相談に行けます。