逆転の発想!?輪郭よりも先に色を塗ってしまうイラストの描き方とは

逆転の発想!?輪郭よりも先に色を塗ってしまうイラストの描き方とは

線が先?それとも色が先?

みなさんはイラストを描くときにはどういう風に描いていますか?人物画を描く場合でも物や風景などを描く場合でも、まずは線で対象の輪郭を描いてから、つぎに色を塗っていくという人が多いのではないでしょうか。

今回ご紹介したいイラストの描き方は、その逆。つまり、色を先に塗ってしまってから、後で輪郭を描いていくという方法です。この方法は、特にデジタルでイラストを描いている人にはおすすめの方法なんですよ。

色だけで目的の対象を描いてみる

色を先に塗っていく、というのは最初は戸惑うかもしれませんが、実は輪郭を先に描くよりもカンタンに描くことができます。「シルエット描き」というイラストの描き方がありますが、その発展形といえるかもしれませんね。

まずは描きたいもののベースになる色を決めて、大雑把に形をとっていきます。目的の対象の形に近づくまで、形を削ったり足したりしながら整えてシルエットを完成させましょう。これをパーツごとに色を変えて繰り返し、最終的にベタ塗りした色だけで対象を描いてしまいます。

輪郭は最後に描き加えよう!

つぎにベタ塗りの色の上に、陰影の部分を描き加えていきます。

大まかな陰影が描き込めたら、つぎに細かい部分などのディティールを描き込んでいきます。このまま輪郭を描かずに仕上げても良いですが、ディティールをある程度描き込んだら絵に合うように輪郭を描いて見ましょう。輪郭だけを先に描くよりも、「中身」がすでに描いてあるのでイメージがしやすく、ずっと描きやすいと思います。

いかがでしたか?ちょっと変わった描き方ですが、人によってはこちらの方が楽に描ける人もいるのではないでしょうか?ぜひ、イラストを描くときに参考にしてみてくださいね!

イラストの講座を受講するには、オンライン講座をお勧めします。仕事で時間がない人も隙間時間に受講できます。