相続税は全員納めなければいけないの?!相続税について調べよう!

相続税は全員納めなければいけないの?!相続税について調べよう!

相続税の基礎控除額とは?!

親や身内が亡くなり遺産を相続したとき、一番最初に思い浮かぶのが相続税についてです。しかし、遺産を相続するという経験はそう頻繁にあるものではありません。相続税についても、専門家や興味があってわざわざ調べた人でなければ詳しくない人のほうが多いでしょう。それでは相続税とは、どのようなものなのでしょうか。相続税は、遺産を相続した人すべてが納めなければならない税金ではありません。相続税には基礎控除額と呼ばれるものがあります。相続税は遺産の総資産額から一定の金額を差し引いて(控除して)残った金額に対してかかる税金です。ここで出てくる一定の金額が基礎控除額になります。つまり、基礎控除額以上の資産を相続した場合には相続税を納める義務が発生しますが、遺産の総資産額が基礎控除額以下であれば相続税を納める必要はないのです。

相続税の基礎控除額はいくら?

それでは相続税の基礎控除額はいったいいくらなのでしょうか。計算方法はいたってシンプルで、3000万円+600万円×法定相続人の数=基礎控除額になります。法定相続人とは遺産の相続権を持っている人のことで、配偶者や子供、両親、兄弟姉妹などになります。配偶者がすでに亡くなっていたり、子どもがいなかったりなどで相続権を持つことができる人は変わりますが、例えば法定相続人が3人の場合、3000万円×600万円×3=4800万円が相続税の基礎控除額になります。つまり、総資産額が4800万円以上の遺産を相続した場合は差額分に相続税がかかり、4800万円以下の場合は相続税の納税義務は発生しないということになります。

相続税の税理士を埼玉で探す方法はおすすめです。相続税の問題を解決してきた税理士事務所がありますので、重点的に調べることがコツです。