ペット保険を選ぶ時のポイントを把握して失敗を防ごう!?

ペット保険を選ぶ時のポイントを把握して失敗を防ごう!?

免責事項を特に厳密に比較する

ペット保険の多くは、掛かった費用のうち50%または70%を補償するプランが一般的です。どちらのプランとするかは、ペットが通院する頻度で選ぶと良いでしょう。しかし、ペット保険選びで最も重要なことは、補償内容よりも免責事項が自分のペットにとって重大な意味を持つか確認することです。なぜなら、免責事項として指定されている項目には、ペットの血統により生じやすい遺伝的疾病については免責事項となっているケースが多いからです。手術費用は数十万円を超えることも少なくないので、使えると思っていたペット保険の免責事項に該当して全額自己負担となった時のショックは大きいでしょう。ペット保険を選ぶ際には、自分のペットがなりやすい病気の種類を把握した上で、免責事項に該当しないことを調べておくことが重要です。

動物病院の対応状況を把握する

動物病院で対応しているペット保険は、予め入り口や受付に表示されていることが多いです。基本的にペット保険は、一旦窓口で全額負担してから後日まとめて自分で保険会社に保険金請求を行なう方法には対応しています。全国全ての病院で使える方法であることに変わりはありません。しかし、ペットの医療費は高額となりやすいので、可能ならば窓口では自己負担分のみの支払いで済ませたいでしょう。動物病院で対応を謳うペット保険では、ペット保険証を提示することで保険金請求は動物病院側で代行してもらえる制度があります。自分で保険金請求を行なう手間が無く、窓口での負担が少なくなるので、手軽に動物病院を利用できるようになるはずです。動物病院側の対応状況を確認した上で利用しましょう。

近頃、ペットの保険は当たり前になり、犬や猫だけでなくうさぎなども入れる保険が増えてきています。突然の病気やケガの治療費の負担額も様々ですのでいろんなペット保険の比較をすることはとても大切です。