マネジメントゲームで社長を体験!あなたも決算書が書ける!

マネジメントゲームで社長を体験!あなたも決算書が書ける!

多くの企業に導入されているマネジメントゲーム

マネジメントゲームとは、1976年に開発されたゲーム型のユニークな社員研修です。ひとりひとりが経営者となり、経営戦略や会計、財務の知識を身につけることができるプログラムで多くの企業に導入されています。

マネジメントゲームでは、経営者として資本を元手に材料の購入や設備投資、人材の採用から商品の販売まで様々な意思決定を行っていきます。実際の経営と同じように決算まで疑似体験できるため、マネジメントの基礎が自然と学べるようなプログラムです。

様々な経営戦略を試すことができる!

経営戦略は、同じように行っても意思決定のタイミングや競合の状況によって同じ結果が出るとは限りません。どんな状況でも、臨機応変に対応できるようになるためには、あらゆる戦略を実行して経験を積むことが大事です。実際の経営では「試してみる」ということは難しいものですが、マネジメントゲームであれば「試してみる」ことが可能です。経営が行き詰って倒産することも、現実には得られない経験として身につきます。

どんな立場の人にでも役だつマネジメントゲーム

マネジメントゲームは、経営者は実際の意思決定に活かすことができますし、管理職であれば組織へ落とし込んでマネジメントに活かせます。新入社員でも経営感覚に気づきスキルアップすることが可能です。

マネジメントゲームは繰り返し継続して研修を受けることで経験値が上がっていきます。研修の度に新たな気づきを得ることができるのも、マネジメントゲームのメリットのひとつです。

そして研修に参加した後は、誰でも決算書が「読める」だけでなく「書ける」ようになります。

マネジメントゲームは一人ひとりが社長となり会社を経営していくゲームで会社の研修などで導入されています。