事故後の処理の進め方とは!?自動車保険の基礎知識

事故後の処理の進め方とは!?自動車保険の基礎知識

万が一の事故に備えて準備しておきたいもの

交通事故は、いつ起こるか分かりません。事故に巻き込まれるケースもありますし、自分が事故の原因になる可能性も考えられます。交通事故は誰もが予想できないアクシデントなので、万が一の事態に備えて準備しておきたいものがいくつかあります。

まず車に絶対に入れておきたいのが、任意保険の保険証です。車を購入して利用するためには、自動車保険の加入が法律で定められています。しかし、これは基本的な対人補償のみの保険です。対物や車両については、任意保険が欠かせません。事故を起こすと身動きが取れなくなるケースがあるので、車の中にちゃんと入れておきましょう。

また、ドライブレコーダーもおおいに役立ちます。ドライブレコーダーを装着していれば、事故の状況がしっかりと記録されます。これにより過失の割合が低くなるケースもありますし、可能であればドライブレコーダーも準備しておきましょう。

事故を起こした時の流れ

交通事故を起こした時、何事も無かったかのように運転を続けたり、現場から立ち去るのは厳禁です。厳罰の対象となります。

まずは状況を素早く察知し、けが人の有無を確認します。もし怪我をされた人がいる場合は、状況に応じてすぐに応急処置を行います。また、同時に安全な場所へ移動しましょう。そして警察や消防に連絡をします。

その後は、加入している任意保険の保険会社に連絡を入れます。オペレーターの方が事故の状況を詳しく聞いてくるので、正確に答えましょう。また対応についての指示も出るので、言われた通りに実行することが大切です。

今では自分のライフスタイルに合った保険がたくさん出ています。自動車を運転する人の年齢や、乗る日数、搭乗者の保険金額や車両保険など様々です。自動車保険の見積もりをして自分に合った保険を見つけましょう。